« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ロタ。

お久しぶりです。

さすがに保育園に行って、仕事もするようになるとなかなかブログ書く時間がありません。

でも今日書けるのは…お休みしているからです。

昨日、保育園から電話があり、娘ちゃんが38.3度の熱があるのでお迎えに来て欲しいと言われました。

実はその前の週から風邪をひいているらしかったのと下痢をしていました。熱はないので保育園には行っていましたが心配だったので土曜日に小児科に行って薬をもらってきました。

でも今度は熱があるということでもう一度小児科に行ってきました。下痢の症状が最初は黄色い便だったのが日曜日くらいから白っぽい便になったのでそうお医者さまに言うと顔色が変わりました。検査してみましょうと言われて検査したらロタウイルスという赤ちゃん特有のウイルスにかかっていたらしいです。

このロタウイルスにかかっていると保育園は1週間は登園禁止だそうですshock

でもさすがに昨日は仕事の途中。しかも昨日中に仕上げて欲しいと頼まれた図面があったので病院に行ったあと(小児科はすごい人が多くて3時間待ちでした)昼から娘ちゃんを連れて仕事にsweat02

結局娘ちゃんをおんぶヒモでおんぶしたままパソコンに座り、何とか図面を3枚、時間内に仕上げました。でも娘ちゃんはなかなかねんねしてくれないし(熱があるから仕方ないんでしょうね)背負ったままってかなり辛かったです。

もちろん一番辛いのは娘ちゃんだったんでしょうね。

仕事にまで連れて行って可哀想でしたが、私も仕事を途中にするわけにもいかず(他の仕事は社長の奥さんが代わってしてくれましたが、図面は奥さんにはできないので)仕方なくでしたが、今日はさすがに朝から熱が39度もあり、薬も吐いちゃうくらいだったのでお休みしました。

こんな熱を出したのは初めてなのですが、見ているだけでもつらそうで、可哀想です。

今は少し熱も下がり、背中でねんねしていますが、おんぶをおろそうとすると泣いて起きてしまいます。

今日もずっとおんぶかもしれません。早くよくなって欲しいなclover

| | コメント (8)

入園。

6日、保育園の入園式でした。

旦那様は最初行かないと言っていたくせに、娘ちゃん可愛さで会社を半日休んで入園式に出席しましたcoldsweats01

娘ちゃんはもも組さん。0歳児は7人でしたが、娘ちゃんが一番小さい子でしたcoldsweats01

4月生まれが5人、5月生まれが1人、8月生まれの娘ちゃん。やっぱり普通は皆さん1年の育休をちゃんと使われるんですね。うらやましいです。

でも一番小さい子なら保育士さんには可愛がってもらえるかも知れません。女の子も7人中2人。

入園式には着物姿で来ている方も約1名いらっしゃいました。力はいってますねcoldsweats01

私はいつものスーツでした。娘ちゃんにも頂き物の服で間に合わせました。保育園に行くようになると洋服はいっぱいいると思って何枚か買いましたがよそ行きってめったに使わないので勿体無くてcoldsweats01

でも他の赤ちゃんも普通の洋服だったのでよかったです。

で、昨日から保育園に行っているのですが…。

娘ちゃん、良い子すぎcoldsweats01ママは寂しいです。

全然泣かない…coldsweats01

保育園の先生に様子を聞いても「おんぶしたらニコニコしてねんねしてくれましたよ~」と言われてママは何だか寂しいです。

ちょっとは泣いたらしいですが、ママが迎えに行っても特に喜ぶ様子もなく…。

昨日と今日は慣らし保育で時間は短いのですが、もっとママを恋しがって欲しかったなぁweep

先生がおっしゃるにはミルクはあまり飲まなかったそうです。「やっぱりママじゃないと慣れないのかな?」と先生はおっしゃってましたが、それでもママはちょっと寂しい。

テレビでよく見るような大泣きされても困るけど、あんまり良い子過ぎるのもどうかなぁ。

明日は2時までの保育ですが、明日も良い子だったらママが泣いちゃうかもweep

って、私もまだ子離れできてないですね。来週から仕事なので、私ももっと強くならないといけませんね。

| | コメント (6)

プチ家出。

先日、プチ家出しました。

原因は姑。

いい加減、うんざりなんです。

夜の9時くらいに授乳していたらものすごいにんにく臭い。下で姑がお弁当のおかずを作ったらしいです。でもものすごい臭い。

旦那様が地区の獅子舞の練習から帰ってきたので換気扇回してファブリーズしてもらうように頼んだのですが、それも全く効果なし。臭いって必ず上に上がって来ますよね。下よりも2階がもうすごい臭い。

もともとにんにくは私は嫌いなんです。臭いも嫌。好きな人なら良いでしょうけど。

そのせいか、娘ちゃんもミルクを飲み終わっても泣き続け。ぐずります。

私は腹が立って下に降りて台所の換気扇を回し、階段から2階の部屋までもう一度ファブリーズしました。でもファブリーズを大量に撒くと濡れるんです。それで危ないから(前に階段から落ちてますから)廊下を拭いていたんです。

すると姑が1階から大声で「こんな時間にバタバタと何しとるんや!」と怒鳴ります。

私が「2階がものすごい臭いです!」と言うと「それならそうと言えば良いやろ!こんな時間にバタバタと何するんだ!」「ここはあんただけの家じゃないんだからね!」と怒鳴りました。
私は「お母さんこそ人のこと考えたらどうですか!」と言い返しました。
旦那様に「私はどうしてあんなこと言われなくちゃいけないんだ!姑は毎日朝の4時や5時にバタバタ廊下を走るくせに私が今の時間に掃除して何が悪い!」と言い、「こんな家、私も好きで住んでいるわけではない!いつでも出て行ってやる!」と言いました。

旦那様、1階へ姑に話をしに行きました。
私は腹が立つし、もうこんな家にいたくないので娘ちゃんのオムツとミルク、下着を準備して今から自分の姉の家でも1晩泊めてもらおうと準備しました。

もちろんその間も娘ちゃんはグズリ続けています。

2階の物音で何かを察した旦那様は2階に来て、「下に来て話合おう」と言いました。でも私は娘ちゃんの前で大声出したくないから、と言いました。

娘ちゃんをあやして寝かせようとしますが泣き出します。無理ありません、もうにんにくの臭いに侵されていますから。
仕方なしに娘ちゃんと1階へ。
でも話合うも何も、姑は全く反省すらせず、自分は料理しているんだから2階の臭いなんか分かるわけないと言います。


この時点でもう姑、自分のことしか考えていません。その後も普段の台所の使い方やらトイレの窓の話やらグダグダ文句を言い続けます。
しかも私が反論したら「私は姑なんだよ!あんたは嫁、嫁が姑に勝とうと思うな!」と言います。私は「勝ち負けの問題ではなく、理不尽なことには戦うだけです!」と言い返します。でも姑はその後も上から目線で言いたいこと言い放題。


もう11時くらいになったところで私はもうこの結論のない、ただの姑の愚痴を聞かされるだけの話にうんざりして娘ちゃんを寝かしますと言って2階へ行きました。

勝ち負けって一体何でしょう??生活している中でおかしいと思うことを言っているだけです。何をしたら勝ち?負け?何でしょう??私には全く意味が分かりません。

でもそもそも姑は自分が悪いとか思っていないし、今までやっていたんだからこれからもしても何が悪いって意識しかありません。

でも今までもにんにくを料理していたかもしれないけどこんなに臭いのは初めて。多分量でも失敗したんでしょう。

だいたい、赤ちゃんのいる家でにんにく使うかな?私は自分が嫌いだから尚更なんでしょうけど、刺激物って赤ちゃんには良くありません。カレーライスですら、私は作るのをためらいます。赤ちゃんが興奮してしまうかな?と心配です。

姑は「そんなことくらい適応出来る様に子供を育てなくてどうする!」と言います。でもそれはもう少し大きくなってからでよいと思います。だいたい、そんなこと姑に決めてもらわなくていいことです。親の私たちが決めることです。自分の失敗を棚にあげて言うことでしょうか??

この日の夜は結局娘ちゃんも興奮しているのか12時半くらいまでずっとグズグズし続け。

翌日も家の中はにんにく臭いままです。

姑は自分が何を失敗してもさっさと仕事に出て逃げてしまえばそれですむんでしょうね。でもこんな臭い家に残される私たちには本当にいい迷惑。殺意すら覚えます。

こんな目に合わされて、こんな奴のために夕飯作りたくない、もうこんな家にいたくないと思いました。

旦那様にもそう言いました。

そしてお昼過ぎに私は娘ちゃんと実家に行きました。

実家でも実家の母親に話を聞いてもらいました。

実家の母親は、そんな臭いもの、お弁当に入れて大丈夫なものか?とかそこまで言われるのか?という感じで私にはかなり同情してくれました。

でも結局姑なんてそんなもんかもしれないね、とも言われました。姑という生き物は絶対自分が悪いとは言わないんでしょう。

私としては2、3日泊まる気でしたが、旦那様の泣きが入り結局この日1日だけ実家で泊まり、翌日は帰ってきました。

旦那様はもう、私がそんなに家を出たいなら出ても良いと言ってくれました。だからとりあえずは帰ってきました。

来週からは娘ちゃんは保育園に行く予定ですし、私はさ来週から仕事です。

今すぐ出て行くというわけにはいきません。

でも本当に前向きに家を出る方向で考えたいと思っています。

長い愚痴ですみません。読んでいただいてありがとうございました。

| | コメント (15)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »