« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

保育所。

保育所の説明会と健康診断に行ってきました。

去年保育所に入所したいという申請書を出して、今回健康診断の結果を審査して入所が決まるらしいです。面倒ですねcoldsweats01

1時から受付ですが、前回の申請の時には駐車場に車を止められず、遠くの駐車場に止めることになってしまったので今回は早めに12時半に家を出ました。

さすがに着いたら2番目。先に来ていた人は誰か来てから中に入ろうと思っていたらしく、一緒に園内に入りました。

保母さんたちがお出迎え。たくさん保母さんはいらっしゃるらしいです。皆さんなかなか感じがよさそうでした。

すぐに個人面談があり、今の娘ちゃんの生活の様子を記録した用紙を提出。それについていろいろ質問され、10分くらいお話しました。

その後内科検診をしてもらいました。娘ちゃん、服を脱がされた時点で大泣きcoldsweats01

この日は0歳児~3歳児の受付だったのですが、0歳児は割と少ないので泣く子も少なくてちょっとあせりました。でも赤ちゃんだから泣くのは仕方ないですね。

その後控え室に移動。30分くらい待たされました。次から次へといろんなママと子供が入って来て、でも知っている顔が見当たらず寂しかったです。若いママも入れば30代くらいの人もいてさまざま。この中でやっていくのかな?と思うとドキドキします。

その部屋でそのまま園児のお遊戯を見て、園長先生の話や役所の人のお話がありました。

正直役所の人の話はもらったレジメの内容を棒読み。これなら話聞かなくてもいいくらいcoldsweats01さすがお役所仕事。

今日の結果は2月の中旬に連絡があるそうです。ここでダメだったらどうなるんだろう??

保育所の雰囲気はまあまあ良かったので、出来れば入りたいなぁ。

| | コメント (4)

比較。

昨日のおひなさまの話の続きです。

続きというか…。

娘ちゃんのおひなさまを持って来てもらうことに決まったときに嫁ぎ先には義姉のおひなさまがまだあったんです。

去年まで毎年まだこの家に飾っていました。7段かざりの大きなおひなさまです。

本来は義姉がお嫁に行った時に姑は持たせたかったらしいですが、義姉の嫁ぎ先はあまり広い家ではないので場所がないと断られたらしいです。

でもさすがに娘ちゃんのおひなさまが来るということで姑が気にしたのか義姉が気にしたのか分かりませんが急に義姉の家に持って行く事になりました。私が階段から落ちた時に姑が準備していたのはこのおひなさまです。

それで義姉はおひなさまを嫁ぎ先に持っていき、23日に飾ったらしいです。

義姉の嫁ぎ先は私の実家の近所。義兄は私の2番目の姉の同級生だし、昔からよく知っている家で、本屋をやっています。

私の実家の母親がたまたま24日に義兄の本屋に行ったらおひなさまの話になったらしいです。義姉の姑さんとうちの実家の母親は割とよく世間話するのでその一つだと思うのですが、義姉が嫁ぎ先で「おじいちゃんが一番高いおひなさまを自分に買ってくれたんだ」と自慢していたらしいです。

それを聞いたうちの実家の母親はかなり動揺。たしかに義姉の7段飾りのおひなさまにくらべると娘ちゃんに買ってもらったのは3段だし、大して高くありません。実家の母親は今更ですが、どうしようかと思ったらしいです。7段の義姉のおひなさまと引き換えに持って行ったおひなさまがあんな程度でよかったのか?って。

その話を電話で聞きました。でも私としては自分の気に入ったおひなさまだし、正直3段でも出したりしまったりするには面倒だと思ったくらいで、1段でも充分だと思っていたので別に気にすることないと思ったんです。だからそう実家の母親には説明しましたがそれでもまだ何となく気にしているみたいです。

たしかにおひなさまとしては大した値段でもなかったです。(自分で払っていないくせに私が言うのはおかしいですけど…)でも実家だってそんな金持ちでもないし、娘ちゃんが生まれてからタンスやら着物やら現金やらでかなりしてもらっています。これ以上の贅沢を言うつもりはないし、70歳も過ぎた父親や母親にこれだけしてもらったら充分だと思っています。でも母親はやっぱり気になるんでしょうね。

一応昨日舅や姑にも娘ちゃんのおひなさまを見せました。私が前もって「小さいおひなさまです」と何度も言っていたせいか「思ったより大きい」と言われたくらいで、まあまあ褒めてくれたので良かったです。

それでも実家は気にしている…。やっぱり自分の娘が嫁ぎ先で肩身の狭い思いをしているんじゃないかと気が気でない実家の母親。それはそれでありがたいです。でも気の毒な気もします。

義姉一家とあまりにも近所過ぎるので何でも比較しちゃうんですよね。あんまり下手なことも言えないし、難しいもんですね。

| | コメント (6)

おひなさま。

おひなさまが届きました~happy01

P12611512 もちろん娘ちゃんのおひなさまです。

去年の年末にたまたま寄った家具店で気に入ったのですぐ予約しました。実家の両親に買ってもらいました。

今日は家具店の人が配達・組み立てをしてくれました。

てっきり配達業の人が持ってこられるのかと思ったら、お店の従業員さんが来て組み立てしてくれました。

それが、その方、うちの近所の人のお孫さんだとかでこの辺のことよくご存知でした。

うっかり下手なこと言わないでよかった…coldsweats01

今日から姑がアルバイトらしいので(でも不定期らしいのであまり行かないらしい…)私一人で対応したのですが、若いお兄さんで、ついついいろいろお話してしまいました。

やっぱり販売業の方はちゃんとしつけされているというか、礼儀正しい人が多いですね。

P12611462 今日の午前中に実家からはひな菓子ももらいました。

実家の母親が風邪引いているということだったので、直接お店に取りに行ってきました。

正直言ってひな菓子って砂糖の塊という印象なので、もらっても困るけれど最初の年だけは実家で用意すると言われたのでありがたくいただきました。

娘ちゃんが産まれてからは本当に実家にいろいろ買ってもらって感謝しています。

自分もいつか娘ちゃんにも同じことをしてやりたいと思いますtulip

| | コメント (6)

一貫。

いつもの愚痴になります。

いつも同じこと言っている気がしますが…。

家にずっといるとストレス溜まりますね。

それでなくても姑が20日からアルバイト行くといいながら全く行く気配なし。先方から断られた?と思われるので怖くて聞けません。でも雇うほうも姑みたいな人、嫌だろうから気持ちは分かります。

お陰でずっと姑は家にいます。おまけに今日は舅まで休み。だけど旦那様は仕事…。

で、朝からず~っと舅も姑も家に居るんです。今日みたいな天気の良い日、どこか行って欲しい。しかも舅は朝から酒飲んでいるのでからんでくるし。

お昼ごはん食べていると娘ちゃんに「○○(娘ちゃん)は俺に笑ってくれない」とか「○○は構われすぎだ」とか暴言を吐きます。

あ~ちゃんが舅に笑わないと言いますが、たまに笑ってます。つまり抱っこした時には泣いたりするのでいじけているらしいです。でも毎日顔を見るのに「抱っこしようか」とか自分からは絶対に言わない舅。誰も抱っこさせようとも思いませんが、普段から抱っこされていないなら娘ちゃんが泣いても当たり前。しかも構われすぎ、ってそれは焼きもちですか?自分が構われないから…。だいたい以前に「子供は愛情をかけて育てるべきだ」とか「寝ているときではなく起きているときにもっと構ってやれ」だの言っていたのは誰ですか?舅ですよ?

私や旦那様が娘ちゃんを大事にして何が悪い。だいたいもっと舅も文句を言うなら一貫性のあることを言え!教育に悪いし、こっちの気分も悪いannoy

旦那様は「酒が入っているから気にするな」と言います。でもそろそろ娘ちゃんだって会話を聞き始めるころ。いい加減な発言は許せません。

それに朝から酒飲んでいること自体大きな問題。こんな天気の良い日に酒飲むしか能がないのか?(まあ、嫁も愚痴を言うしか能はないかもしれませんが)働けとは言わないけど、外に出かけるとか、家のことをするとかもっとすることないのか?

あげくに昼ごはん食べ終わったら寝出しました。もう、いっそ死んでくれって思います。

前に姑はうちの父親の話をしている時に私が「(うちの父親は)もう働かなくて良い年だから仕事しなくてもいいのに」と言ったら「最近は死ぬまで仕事するものだ」と言いました。

でも自分たちの話をする時には「私は(定年の)65までとても働けない」とか言います。

体重80キロ以上は軽くはあろうかという立派な体格の姑。身長180ある舅。こんな立派な体格の二人が働かなくてどうして身長160センチもないうちの父親が70過ぎても働いていることにうんぬん言えるのか理解に苦しみます。

自分たちが働かないなら人の親のことをとやかく言うな!と思います。

ついでにまだ50代の舅と姑。普段から家にいれば食べてばかり。朝も4時に起きている舅。朝食を食べたら酒。昼は11時過ぎに食べる姑。夕飯を5時に準備したら遅いという姑。いったいどれだけ食べ物のことばかり考えているのか?あなたたちが働かなくなっても食欲が減るとは思いません。働かないのに食べてばかりいるかと思うとぞっとします。

昼からもずっと家にいるつもりなんでしょうか?もう、私はこんな家いたくありません。

| | コメント (8)

娘ちゃん。

先週の土曜日に眼科に行って来ました。

針金で目から鼻のほうに通す処置をしてもらったのですが、一番細い針は通ったものの太い針にすると全然通らず。結局また来週処置してもらうことになりました。

この処置、10分くらいだったのですがもう娘ちゃんが可哀想で可哀想でcrying

来週もまたこれをやるの?と思うと本当に…涙。娘ちゃんはもっといやでしょうね。

P11610852 目以外は順調に成長している娘ちゃん。最近はりんごもすったのを食べられるようになりましたし、マグカップでミルクを飲むようにもなりました。マグカップはさすがに最初すこし両手で持てる程度ですが、ちょっと前までは飲まされるだけだったのに…と思うと大きな成長ですclover

P11510652 あと、うつ伏せをしたときにかなり頭が上がるようになりました。これもちょっと前まではうつ伏せにしても何の反応もなかったことを思うとすごいことです(親ばか)coldsweats01

P11710902 お気に入りなのは「ぱんだちん」です。以前このブログでも紹介したことありますが、本当はママが気に入って買った紙風船です。でも娘ちゃんがあんまりにも気に入っているのでもう1個買ってしまいましたhappy01やっぱり親子、好きなものが一緒ですね。

最近はもうハイアンドローチェアに寝かせると大きさがギリギリ。もう寝かせるのは限界かもしれません。そろそろ椅子として利用するしかなさそうです。

ママに抱っこされて座るのも好きで、このごろは夕飯のときなんかは常に私が椅子代わりになって娘ちゃんを座らせてます。お陰でいつも冷たい食事…なのは仕方ないですね。

困っているのはお風呂。以前は私もたまに入れていましたが最近は大きくなって重くなってきたので大変です。だからもっぱらパパに頼むのですが、さすがに仕事が遅い時はママが入れます。

タイミングも難しくて、ミルクとミルクの間で、私たちが食事終わってからとかパパが帰って来てからとかになるといつも娘ちゃんは入浴後にミルクを飲みたがることに…または私がお風呂から上がってくるとすぐにミルク。濡れた頭で授乳していると寒いし、パパのお弁当や食器洗ったりご飯研いだり…ママは夕方から夜は本当に大忙しです。

姑もたまには少し家事手伝ってくれればいいのに…。どうせ今仕事もしてないくせに…と思うのは私の甘えかな?でもママが忙しい時間帯に舅とおしゃべりしていておまけに自分の食器すら洗わない姑にはやっぱり腹が立ちます。夕飯も作らないくせに…。あっ、やっぱり今回も愚痴で終わりそう(笑)

| | コメント (17)

予防接種。

雪がすごいですね~snow

昨日から40センチくらいは積もったのかな?このくらいはまあ普通ですが、最近の暖冬になれていたので北陸育ちでもちょっと外に出るのが億劫です。

13日に娘ちゃんの検診と予防接種に行ってきました。

検診といっても前の3ヶ月検診で首がすわっていなかったのでその確認に保健センターに行っただけです。

でも身長と体重を測ってもらえました。身長が64.4センチ、体重は6520グラムと順調に平均的な大きさに育ってます。小さめに生まれた割には大きいのかな?

首もちゃんとすわってたし、先日話題にした眼科の件も聞いてみましたがやっぱり眼科で良いらしいのでホッとしました。変なこと聞いてちょっと恥ずかしかったですcoldsweats01

予防接種もあまり泣かず、一瞬泣いたけどすぐに泣き止んでくれて助かりました。良い子ですchick

予防接種には7月生まれの赤ちゃんも来ていましたが、もうお座り出来る子や寝返りする子もいらっしゃいました。でも、うちの娘ちゃん、やっぱりでかく見えるのは気のせい?頭は絶対でっかい…coldsweats01顔立ちもやたらと大人びているし。頭大きいから寝返りはちょっと難しいんじゃないかと心配です。その割にあんよはちっちゃいしcoldsweats01

他の子と比較しても仕方ないので、うちの娘ちゃんは娘ちゃんで順調に成長してくれているのはありがたいです。

12日で5ヶ月になりました。早いなあ…shine

今じゃもう娘ちゃんのいない生活なんて考えられない。部屋もすっかり娘ちゃんのためのものがたくさん。そろそろちょっと整頓しないとねcoldsweats01

4月から仕事になるのでそろそろその準備もしないといけないし、保育所の話も聞きにいかなくちゃいけないし。いろいろありますね。のんびりしていられるのも今だけかな?

| | コメント (13)

心配。

前回の階段落下の記事に皆さんご心配いただいてありがとうございました。

でも実はまだ心配なことが…sweat01

11月くらいに目やにが出た娘ちゃん。結膜炎だと診断されて目薬もらいました。しばらくして治りましたが涙目がすっきりしません。

その後2回同じ眼科に通いましたが良くならず。年末に別の眼科に行ってみました。

すると目から鼻に通る管(鼻涙管)が詰まっているかもしれないということでした。

鼻涙管閉塞っていう病気で、よくある病気らしいです。でも普通は3ヶ月目くらいまでに分かる病気で、早い段階ならマッサージや目薬で治ったらしいです。

でも2度目の病院に見てもらった時には娘ちゃんはもう4ヶ月過ぎてました。

最初は目から水を通す検査をしてもらいましたがはっきりとは分からず、目薬を差してしばらく様子を見ることにしました。でも年が明けてもよくなってませんでした。

それで先日の土曜日に針金で目から鼻にかけて通す処置をしてもらうことになりました。

ここでも最初に水を通す検査をしました。娘ちゃんはもう診察台にあがっただけで大泣き。どうも前回のことを覚えているらしいです。

その後針金の処置もしてもらいました。右と左。左はもともと涙目になっていなかったので大丈夫だと思いましたが、一応してもらったらやっぱりちゃんと通っているということ。

でも右は針金を通すと抵抗するものがあるということです。つまり通ってないんですね。

でも最初に検査した時に管が腫れてしまったのかも知れないから、今回はこれ以上無理に通さないと言われました。慎重に行きましょうとのこと。

確かに怖い処置だから1回で済ませたいけど、無理やりやるのも怖いです。だから承諾して次回になりました。次回は検査なしでやるそうです。

もし何度か針金で処置しても治らないようなら今度は総合病院で麻酔をかけて手術することになるらしいです。もちろんそんな手術はしたくないです。

次の処置で治ればよいのですが…。

で、この話を姑たちにもしました。

最初はちゃんと話を分かっているのだと思ったけど…。

翌日になって姑が「知り合いの保母さんが言うにはその症状は眼科では治らないんだって。耳鼻科で鼻から吸ってもらったら治るって」と言います。

私にしたら???なんですけど…。

鼻から吸ってもらって治る程度なら、この前針金差したときにすぐに通るはず。

それに、眼科の先生だってさすがに自分の科でないならそう言うはずだけど…。

姑には、娘ちゃんは通常の3ヶ月を過ぎているから膜が厚いので、と説明しましたが、保母さんがそう言うから耳鼻科に行ってみなさい、の一点張り。

「水曜日に保健センターに行くので、その時に聞いてみます」と言ったら会話を聞いていた舅が「たくさんの人に意見を聞いてみたらいい」と言いました。

でも…。

本当に耳鼻科?インターネットでも調べたけど、耳鼻科なんて一言も書いてないし。

だいたい、ちゃんと診察した先生より娘ちゃんに会ったこともない保母さんを信用する??普通はちゃんと医療に関わっていない人がそんな「治らない」なんて断言するのもおかしいと思うんですけどね。

明日一応保健センターの人に聞いてはみようと思うのですが、正直、舅も姑もかなりうっとおしい。

ママは娘ちゃんの心配だけでいっぱいなのに、余計なこと、言わないで欲しい。もしかしたら姑の話も本当かもしれない。でも、やっぱり子供によっても症状は違うだろうし、今かかっている医者を一応信用してこっちは任せているのに、不安にさせるようなこと言わないで欲しい。

もう、娘ちゃんを心配するのはいいけど、過剰なのは本当に困ります。先が思いやられる…。

| | コメント (6)

事件。

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

で、新年早々ですが事件ですsweat02

昨日、階段から落ちちゃいました。しかも娘ちゃんをおんぶしたまま…。

そもそも私たちはほとんどの生活を2階で過ごしています。娘ちゃんを1階に降ろすのは食事の準備か食事のときだけ。主に夕飯くらいです。

でも今は姑が家にいるもので、昼間も食事を作らないといけないんです。

それで昨日も昼のごはんを作りに下に降りようとして、娘ちゃんをおんぶして廊下へ。

すると姑が2階の物置の中でごそごそしています。聞くと義姉が自分のお雛様を嫁ぎ先に持っていくとのこと。前に聞いたときには嫁ぎ先に置く場所がないから持っていけないと聞いていたので「えっ、持っていかれるんですか?」と聞いたら姑が「これは私(姑)の実家からもらったものよ!」と反論してきました。別に私に異論があるわけではないのですけど…。すぐにカッとなる姑。そして私は階段を降りようとしたその時に玄関でピンポンとチャイムが鳴りました。姑が「お客さんよ!」と私にいかにも出ろと言わんばかりの言い方をしたので降りようとしたその瞬間、ドドドド!っと私は階段を滑り落ち…。

姑は半狂乱で「○○!○○(娘ちゃんの名前)!」と叫びました。私もすぐに立ち上がって背中の娘ちゃんを降ろしました。娘ちゃんは号泣。姑はまだ娘ちゃんの名前を呼び続け、「病院に行かないと!」と言い電話をし始めました。そして私には「お客さんがおいでるよ!」と言います。は?この状況で出ろってこと?と思いつつ私は足を引きずりながら玄関へ。どうもどうでもいい勧誘の営業さんらしいです。姑に用があると言われました。

姑に「○○さんです」と言うと「○○さん、今日は帰って!」と姑は叫び、電話をはじめました。近くの総合病院の緊急のところに電話しているらしいです。娘ちゃんが階段から落ちたと説明。多分その時に電話の先では一緒に落ちたお母さん(私)は大丈夫ですか?と聞いたようです。姑は「大丈夫です。」と返事。??私に一言も大丈夫かどうか聞いていないのに、あんたに何が分かっているの?と思いました。私も足と手が痛いです。でも全く私のことは無視。もちろん娘ちゃんの状況が大事ですけど…。

娘ちゃんは私が抱っこするとすぐに泣きやみました。だから思ったよりダメージはないのかも、と思いましたが、頭を打っているかもしれないのでやっぱり不安です。

姑は「病院に行くよ!」と言います。「じゃあ、保険証取って来ます」と言うと「そんなものは後でもいい!」と言います。「そのままでいいから行くよ!」と命令。

姑は車を出しに行きました。でも姑の車にはもちろんチャイルドシートなし。私が「チャイルドシートがないと…」と言うと「そんなもの、今はどうでもいい!」と言い張ります。仕方ないので姑の車に乗って病院へ。

病院で見てもらうと娘ちゃんは何ともなさそう、ということでした。もし頭に何かあったら頭のお皿に血がたまっているはずだし、痛かったらもっと泣き叫んでいるはずだとのこと。私もそうかな?とは思いますがやっぱりちょっと不安だったのでお医者さまにそう言ってもらってホッとしました。

私も左足のかかとと左手のひじを打ったので見てもらいましたが大丈夫そう。一応シップだけ出してもらいました。腰は大丈夫?とお医者さまに聞かれてその時初めておしりも痛い気がしましたがさすがに女医さんとはいえこの場でおしりを見てもらうのは恥ずかしかったので「大丈夫です」と返事してしまいました。

でも実はこのおしりが一番ひどかった…。家に帰っておしりを見てみたら真っ青。しかも腫れてます…。とりあえずシップしました。

姑に言うと「おしりで良かったね。お肉が付いているからクッションになったんだよ」と言います。私、姑ほどは肉ないですけど…と思いましたがさすがに言いませんでした。

今回、娘ちゃんが無事だったのはおんぶに使っていたおんぶひもがクッションになっていたからのようです。ニンナナンナのおんぶひも、助かりました。

私はこの間異常に冷静でした。何より姑が半狂乱。一人こんな人がいると冷静になっちゃうものですね。私もなぜか娘ちゃんは大丈夫だと不思議な自信がありました。本当は心配で心配で気が狂いそうになるのは私だとは思うんですけどね…。

妊娠中にも実は1度階段から落ちています。その時のほうが心臓バクバクしていました。

でも本当に階段って注意しないといけませんね。反省です。

今回は娘ちゃんが無事で何よりでした。旦那様が「誰かが守ってくれたんだ」と言いました。実はすでに同じ事を姑が帰りの車の中で言っていましたけど…。やっぱり親子ですね。言うことが同じです。でも娘ちゃんを誰かが守ってくれたなら、本当に感謝です。

私のおしりはかなり重症。でもシップで済みそうです。というか、やっぱり恥ずかしくて病院には行けない…。

| | コメント (22)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »