« 新たに…。 | トップページ | 育児。その2 »

育児。

しばらく前から悩んでいたこと。

それは産休。一応今の会社に入る時も産休とかは取りたいと話はしていたので取るつもりでいました。とすると子供は保育所に…。8月の末に生まれたら早くて1月、遅くても4月には保育所に入れて、仕事はパートにしてもらって…といろいろ考えていました。

ただ、保育所は6ヶ月未満の子供を受け入れる施設が少なくて、しかも共働きの多いこの地域では競争率も激しい。しかも私の住んでいる地区には保育所がないので(幼稚園のみ)他の地区の保育所に入れるしかありません。

旦那さまとずっと討論してきて、結果、せめて4月くらいまではちゃんと子供を見て欲しい、という旦那さまの意見を受けることにして、とりあえず舅と姑に話すことに。

でもどうも旦那は報告するというより「相談する」という形をとりたかったようで、「産休をどうしようかと思うんだけど…」という言い方をしていきました。「保育所に入れる時期とかあるから…」と言うと姑は「子供は母親が見てあげればいい。保育所は入れるべきではない」とのこと。

姑の話を要約すると(話が長い人なので)「自分は長男(旦那)を産まれてすぐ姑にとりあげられて全く子育て出来なかった。(長女は自分で育てたらしい)長男の子育ては失敗した。そのことをとても後悔している。だから今度産まれる子供は母親(私)が見てあげて欲しい。仕事を辞めて、2・3年したら幼稚園に入れることにして、その後働けばいい。その時になったら私(姑)も子供をいくらでも見てあげる」ということらしい。舅も「子供は愛情を持って育ててほしいから」とかなんとか…。

正直、経済的に苦しい我が家(いつも姑が「借金がどうのこうの」と言われ、旦那さまの給料から家に10万入れるように決められています)。最近旦那さまの会社も苦しくて以前の給料の1/2くらいになってしまったのでますます私たち夫婦は苦しい状態。この状態で子供を育てるのははっきり言って無理です。私が産休を取る間の生活すら不可能に近いと私は思っています。ところが姑も舅も「そんなもの、何とでもなるから」と一言。

「何とかなる」=「何とかしろ」ってことですよね。

だって結局舅や姑が次から次へと生み出す借金は私たち夫婦にまわって来るだけです。それでなくても何の相談もなしに家のことを決めていく舅と姑に不満な私。だってお金の問題なら私たちにも相談するべきだと思うんです。そのつけは必ず私たちにまわされるんですから…。

「何とかなる」という言葉を鵜呑みにする旦那さま。「愛情を持って育てて欲しいから」という綺麗ごとにすっかり旦那さまも騙されています。

でも、私は納得できないんです。もちろん愛情を持って育てる、って思ってます。でもそれって2、3歳までの話ではないでしょう?一生の話ですよね。産まれて2、3年の間だけ見ることが果たして愛情?その後だって大事でしょう?それにその後なら見てあげる、っていうのはつまり舅や姑が定年になって暇になったら(子供もそれなりに大きくなって扱いやすくなってから)見てあげる、ってかなり自分勝手な話ですよね。息子の子育てに失敗したって言うけれど、別に旦那さま自身に問題があるわけではなく、自分が見れなかった(自分の思うように出来なかった)ことを後悔しているというだけで、それって私と子供の問題には全く関係のない話ですよね。自分が出来なかったからそれをさせてあげる、って正直恩着せがましいと思ってしまいます。(やっぱり鬼嫁?)

ちょっと長い話なので、2回に分けますね。続く。

|

« 新たに…。 | トップページ | 育児。その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たに…。 | トップページ | 育児。その2 »