« 育児。 | トップページ | うんちく。 »

育児。その2

続きです。

さらに、姑の話には「どうせ子育てするなら2人や3人まとめてしてしまえばいい。仕事を辞めて子供は2人くらい産んでそれなりに大きくなってから仕事をすればいい」という内容も。

そんなこと、勝手に決めるな!って感じです。さすがに旦那さま「経済的に無理!」と言いましたが「何とかなる!」の一点張りの姑と舅。「私たちも何とかやってきたんだから」とのこと。

いえ、全然何とかなってないと思います。少なくとも今の家の経済状態を作った舅と姑は私からすればかなり問題ありです。この状態で私が仕事を辞めて、扶養家族が増えて、って…。しかも、嫁に来て1年の私に(しかも妊婦)ここまでお金の心配をさせている舅や姑、旦那さまって最低では?私は去年自分が受けた手術費用を自分で払わされた恨み、一生忘れないと思います。

同じ思いを子供にさせたくないと思うんです。

それに二人目とか勝手に決めないで欲しい。今お腹に居るのは多分女の子です。旦那さまは男の子が欲しかったみたい。でも私は女の子が欲しかったのですごく嬉しい。でも「二人目も女の子でもいいな」と私が言ったら旦那さまは「二人目も女の子ならいらない!」との暴言。信じられません、この発言。そして許せません。「それなら二人目は産まないから!」と私は言いました。でも二人目は確かにもし恵まれるのなら欲しいです。でもこんなこと言われて黙ってられません。だって私は三女なんですよ。その私にこんな発言することだってすごく失礼です。女の子で何が悪いんでしょう?

仕事にしても。姑はあと2・3年したら景気も今よりよくなるからいくらでも仕事は見つかると言います。無責任です。私は今の会社に3年前に入りましたがその時ですら30歳以上で事務職の求人を見つけることがどんなに大変だったか…。しかも前の会社(工場)は吸収合併のあと2年で閉鎖されるという大変な目にもあっているので結構仕事では苦労してます。今の仕事に決して満足しているわけではありませんが(給料も安いし)辞めるほどの不満もありません。簡単に辞めたくはありません。

あと、自分の気持ちも問題なんですけどね。正直言って私はそんなに子供は好きではありません。でも今お腹にいる子供はすでにかわいいと思っています。

ただ、一日中ずっと子育てという状態を2・3年続けるということに自信がありません。ノイローゼになる可能性が大きいです。旦那さまはもちろん私を助けてくれるとは思います。でも限度があると思います。

反面、すごく子供を可愛がりそうな気もします。何しろ年を取ってやっと授かった赤ちゃんです。かわいいです。(まだ産まれてないのに…)去年手術をしたのだって赤ちゃんが欲しかったから。だからそれこそ過保護になりそうです。神経質になりそうです。

今、自分でもどうしたらいいのか分かりません。実際産まれてみたら可愛くて自分で育てたいと思うかもしれません。逆に育児に疲れてやっぱりノイローゼになるかもしれません。先のことまで決める自信がありません。

完全に舅や姑の意見を否定するわけでもありませんが、素直に聞くには問題もかなり多いです。

旦那さまの意見としては、とりあえず会社には4月まで産休を出して置いて、でも結論は産まれてから決める。

それで良いのかもしれません。でもその結論すら悩んでしまいます。

こんなこと、悩むのは産まれてくる赤ちゃんに申し訳ない気がします。でも今の正直な気持ちなんです。

本当に、悩みます。

|

« 育児。 | トップページ | うんちく。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悩む気持、わかります。私も児童関係の仕事をしていたため、何があるかわからない、とほぼ解雇に近いかたちで退職となりました。
仕事を辞めてからは、家でゴロゴロ。仕事したくて動きたくて、赤ちゃんさえいなければ…なんて思ってしまいましたから・・・

私も育児ノイローゼとか、仕事をせずに赤ちゃんとずっといる生活に不安でした。未知の生活だし…でも、いざ産まれてしまえば、毎日ドタバタいそがしく過ぎていくので、ノイローゼになっている暇ありませんでした。今はだいぶ姫も大きくなったので、仕事をしたいと考えるようになりましたが、いざ仕事を再開したら姫は保育園になじめるのか、家事と仕事と両立できるかとても不安になり、本格的に職探しもできません。

どうなるかは産まれてみないとわからないものです。いろいろ悩んで想定することも必要かと思いますが、悩みすぎても母体によくないですょ。

とはいえ、舅・姑、ヒドイものですね・・・

投稿: まめ | 2009年5月12日 (火) 18時37分

まめさんへ
難しい問題ですよね。仕事と家庭とどちらが大事かといわれたらもちろん家庭なんですけどその家庭を守るためにもお金は必要ですし…。冬場は姑も仕事がなくて家に居るかと思うと同じ家にいるのが嫌になりそうな気もします。産まれたらきっと子供は可愛いと思うだろうし、出来るだけのことはしたいと思いますが最初の数年だけ大事なわけではないと思うので長い眼で見ると仕事をしている親の姿を見て育つのだって良いと思うのですが…。旦那さまも姑たちの意見に近いのであまり味方してくれませんし、自分でも自分の意思がしっかりしていないので姑たちにどう説明すればよいか分かりません。でもやっぱり育児をしながら仕事探すのも大変ですよね。うちの姑も無責任なことを言いますけどやっぱり負担は嫁に来るんですよね。

投稿: こぱんだ | 2009年5月12日 (火) 19時31分

難しい問題ですね。。

たぶん、旦那さま意見の「とりあえず会社には4月まで産休を出して置いて、でも結論は産まれてから決める」が今のところ一番良い方法な気がしますbud
正直、今の仕事を辞めたら、次の仕事は簡単には見つからないように思います。なので、会社が産休や育休を認めてくれるならフル活用するのが良いと思います。後は、赤ちゃんが生まれてから、こぱんださんの気持ち次第ということになりますconfident

こぱんださんの言う通り、子供に愛情を注ぐのはお腹にいる時から一生ですhappy01一緒にいない=愛情が少ないって事はないし。仕事をしている両親を見ながら育つのだって、子供にとって勉強になること沢山あると思いますよshine

それに「赤ちゃんに申し訳ない」なんて、そんなことはないですよ。むしろ、真剣に赤ちゃんの事・将来の事考えてる証拠だと思いますhappy01

なんだか、上手くまとまらず、、ポイントずれてたらごめんなさいsad

投稿: こっぺ | 2009年5月12日 (火) 22時22分

こっぺさんへ
ありがとうございますbud
私も自分がどうしたいのか、どう思っているのか自分でもよく分かっていないので今回のブログも書こうかどうしようか迷いました。でも一人で悩んでいても辛いし、はけ口が欲しくて書いてしまいました。やっぱり産まれてから、その状況で考えた方が良いのかもしれませんね。ただ、会社に嘘をつくようで届け出を出しにくくて…。今は子供を一番に考えたいのですがそれが出来ない自分が歯がゆいです。

投稿: こぱんだ | 2009年5月13日 (水) 20時05分

遅レスになって、ごめんなさい。
難しい問題ですよね。。。特に、義親が絡んでくるだけに複雑になってきますよね。

3歳くらいまで、母親が仕事をせず自分で育てた方が良いという風潮が根強くあるけど、育児書の受け売りになってしまいますが、「仕事と子育ての両立はできないから、子育てに専念したいタイプ」と「ずっと子どもと過ごすより、仕事をしたほうが子どもと余裕をもって接することが出きるタイプ」がいるけど、お母さんの意志で決めて良いそうですよ。
ただ、こぱんださんの場合は、冬場や天候の悪いとき、姑さんが家にいることがネックですよね。。。
口では、子育ては母親がするべきみたいなことを言いながら、余計な手出し口出しをしてくるかもしれません。これが、想像以上に精神的ダメージになるんですよ~~。多分、家事の手助けはせずに、育児に余計な介入をしてくるような。。。だとしたら、お子さんを保育園に預けて働かれた方が良いような気もするんですが。。。
わたしは、前者のタイプなんですが、もし、義母が働いていなかったら、泣く泣く、子どもを保育園に預けて働かざるを得ないと思います。

いずれにしろ、産まれてみないことには分からないことですよね。。。経済的な理由も、もちろん、あるでしょうし。。。 
だから、今は、産休の届けをだして、出産後に赤ちゃんと過ごしながら決めても良いんじゃないかなconfident

最後に、お母さんが笑顔でいることが子どもにとって、一番良いことだそうです。無理しない程度に頑張りましょhappy01

長くなって、スイマセンcoldsweats01

投稿: わーわん | 2009年5月16日 (土) 06時40分

わーわんさんへ
コメントありがとうございますclover
多分わーわんさんの意見の後者に私は近いのかな、と思いますが、産まれたらすごく可愛くて離れたくない!って思うかもしれないので今は何とも言えません。でも真剣になりすぎる傾向があるので多分べったり子供についていると干渉しすぎて良くない親にもなりそうです。だから仕事をしながら適度な距離をとる、のが良い気もします。
最後の「お母さんが笑っていることが大事」というのはすごく共感できました。本当にその通りですね。そんなお母さんになりたいですtulip

投稿: こぱんだ | 2009年5月17日 (日) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 育児。 | トップページ | うんちく。 »