« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

買い物。

今日は暇な日。
舅と姑は伊勢へ1泊旅行。旦那さまは地区の夜高の準備で一日留守weep
どうしようかな、と姉(次女)にメールしたら買い物に付き合ってくれるというので実家に寄って金沢にお買い物へrvcar
実家に行くと、姉(長女)からベビーバスとクーファン(赤ちゃんを入れるかご)と哺乳瓶のセットが届いていました。貸してくれるらしいです。ありがたくお借りします。でも長女が「多分○○(私)も母乳出ないと思うから」と言っていたらしいのはちょっとショック。失礼な…cryingお姉ちゃんより胸はある…はず…。まあ、確かに母乳出るかは分かりませんけど…crying

お買い物は金沢の駅方面へ。無印良品の大きな店が目当てで行きました。あと、赤ちゃんグッズを買うのに名鉄でも行きたいなと思ってました。
ところが、無印のお店を出て、旦那の服を買っているとお向かいのお店の並びに「アカチャンホンポ」の文字が…。それって確か赤ちゃん用品のお店だよね、と思って行ってみました。てっきり「アカチャンホンポ」って東京とか大きな都市にあるお店だとばかり思っていたのでこんな田舎にもあるとは思いませんでした。入ってみると赤ちゃんグッズがたくさんhappy01しかも安い!ちょっと感動しました。以前母親と買い物したお店の半分くらいの値段です。確かに品質は安いなりのものですけど、正直赤ちゃんの用品でもあまり長い期間使わないものなどは安くて充分な気がします。思わずたくさん買いたくなりましたが、ここは我慢。ガーゼハンカチと靴下だけ買いました。来週も多分暇な予定なので来週じっくり検討していろいろ買おうかと思います(姉と一緒だったのでちょっと時間的に余裕もなかったので)。
お陰で名鉄まで行く必要もなくなり、近くの雑貨屋をいくつかまわって実家に帰りました。
姉にはいろいろ最近の愚痴も聞いてもらい、産休の悩みなども相談したりしました。やっぱり姉だと話易いし、親身になってくれます(多分)。仕事は辞めるのはやっぱり勿体ないと言われました。私もそう思うし、じっくり考えたいと思います。
今日はとっても充実した休日でした。
旦那さまには悪いけど、たまに旦那さま以外の人とすごす休日も気分転換になって良いなと思いましたwink

| | コメント (2)

おかしな家族。

まったく…。

理解不能です。

今日の夕飯後、姑が旦那さまに

「あんたたち、ベビーベッドちゃんと中に入れときなさいよ!」と言い出しました。

「はあ?」と旦那さま。私も「?」

「車庫にベビーベッド、置いたままにしてあるでしょう!」と姑。

「そんなもん、知らん!」と旦那さま。

「このあいだ○○(義姉)持ってきたやろ」と姑。

「そんなこと聞いてない!」と怒る旦那さま。

「何で知らんがけ!」と姑。

話は先週のこと。

先日の金曜日に義姉が姑の用事のため家に来た時に「お祝い何欲しい?」と義姉に聞かれて、どうしようかな?と考えつつ、そういえば、と思って「ベビーベッド、よければ貸して下さい」とお願いしました。すると義姉は「確かあったと思うから探しとくわ」とのこと。

その後、どうも日曜日に義姉が(連絡もなく)ベビーベッドを持ってきたらしいのですが、受け取ったらしい舅、まったく私たちにはそんなこと言いません。しかも、車庫にそのベビーベッドが置いてあったらしいのですが、姑の車の隣に立てかけてあったらしく(箱に入ったまま)、姑、舅、旦那さま、私の順番で使っている車庫では私たちにそんなこと気が付くはずもなく…。

旦那さまは怒ったまま黙ってベビーベッド、車庫まで取りに行きました。

すると姑、

「何でそんなこと知らんがけ!あんたたちもっとちゃんと会話しなさいよ!あんたたち、知ってるもんだと思っとったわ!」と旦那さまに怒ります。

「俺がなんでそんなことで怒られんがや!」と旦那さまも怒ります。

旦那さまの言うとおり。そんな連絡されない話、私たちにどうしろと?その場所に置いてあってどう私たちに気が付けと?

連絡もせずに持ってきた義姉もおかしい。(だいたい、今持ってこられても、予定日は8月なのに…)私たちに連絡しない舅もおかしい。連絡されなかった私たちを怒る姑もおかしい。

一体、こいつら(言葉が悪くてすみません)正気か??と真面目に思いましたpunch

旦那さま以外、常識があるとは思えません。やっぱり旦那さま、この人たちに子育てされなくて正解だったよ。

| | コメント (4)

母親教室、その2。

二度目の母親教室に参加してきましたhappy01

今回は夜の開催ということで、旦那さまと参加しましたcoldsweats01

て実は無理やり連れてったようなものですが…。

実際行ってみると9割が旦那さま同伴。最近は熱心なお父さんが多いんでしょうね。

若~いお兄さんからちょっと中年の叔父さま風まで、様々な年代の方がいらっしゃって興味深かったです。これがお母さんだと正直間近でお話でもしないと年齢って分かりにくいのですが、男性は分かりやすいです。

内容は、最初にお産の呼吸法について。次に沐浴指導、沐浴体験、妊夫体験。これはほぼお父さんになる人のための講義らしくて、沐浴体験もお父さんがやる、というものでした。うちの旦那さま、思ったより上手にやってくれましたfujiこの調子で、本番も頑張って欲しいものです。(結構練習で上手な人は本番が怪しい…)

妊夫体験は、写真を撮りたかったのですが、カメラを向けた瞬間、旦那さまが怒ったので止めましたcoldsweats01ちぇ…。

旦那さまは結構体型が細くて手足も長かったりするので、指導の方が「このボールを拾ってみてください」とか「寝転んだ状態から起き上がってください」という体験も楽々こなしてしまうのでちょっと面白くありませんでしたが、妊婦が大変だってことは多少わかってくれたかな??と思いますcoldsweats01多分。

後はビデオで出産と出産後の様子を見たりして、その後実際の子育てについての講義を聞きました。

約2時間。旦那さまはよく我慢してくれたと思いますcoldsweats01

で、家に帰ってすぐ地区の夜高の準備のため公民館に走っていきました。そんなに準備は楽しいのか??楽しくないらしいけど、熱心に参加しています。最近夜中の2時とかに帰ってきたりするので、ちょっと身体も心配。まあ、地区の行事に参加するのは良いことですけどねgawk

| | コメント (2)

好き嫌い。

うちの旦那さま、かなり好き嫌いが多い人です。

結婚前はネギ、玉ネギ、マヨネーズ、トマトが大嫌い。

お陰で作れる料理がさらに少なくなり困ってました。

でも結婚して1年。少しずつですが私の作る料理に慣れてくれました。

最近はサラダにマヨネーズを入れても喜んで食べてくれるようになりました。

前は全く食べなかったのに。今でもたこ焼きにマヨネーズ、とかはダメなのですが、料理の中に入っている分には大丈夫らしいです。

玉ねぎも、小さく切っているか、玉ねぎ臭さがなければOKにcat

そして今日はデミグラスソースが大丈夫になってくれましたhappy01

前にハヤシライスを作ろうとしてデミグラスソースを買ってきたときに、「俺、デミグラスソースは嫌い」と言われて以来、どうしようかなと思っていたデミグラスソースの缶1個。

それを使って煮込みハンバーグを作ってみました。デミグラスソースにはいためた玉ねぎとしいたけを入れてみました。玉ねぎもあんまり好きではない旦那さま、嫌がることを覚悟で出してみました。

お味はどうかな、と聞いてみたところ「うまい!」と言ってくれましたhappy02

かなり嬉しいです。もちろんデミグラスソースはインスタントだし、ハンバーグも手作りされたのを買ってきただけなので自分の手柄ではないのですが、何だかこうやって旦那さまの苦手なものがどんどん減っていくのが嬉しいです。

多分、旦那さま、食わず嫌いな面が多いと思うので、結構食べさせたらいけることが多い気がします。

これからもどんどん、苦手をなくしていきたいなshine(相変わらずネギとトマトに関しては完全拒否ですけどね…sweat01

| | コメント (4)

増えた。

増えました。

体重も増えましたがcrying

薬が増えました…。

土曜日にちょっと食べすぎ。その後お腹が痛くて、張っている気もしました。

それが月曜日になっても治らないし、お腹にちょっと机とかが当たっただけでも痛いな、と思うことがあるので心配で月曜日に仕事の後で病院へ行ってきました。

本当は土曜日に検診だったので待とうかなとも思ったんですけど、旦那さまも一応見てもらったら、というので一応。

病院では「お腹が張って、たまにズキッ!と痛くなります」と説明するとすぐに内診されました。

先生の話では赤ちゃんが早く出ようとしている「切迫早産」の症状になるらしいです。でもまだ私は赤ちゃんの頭から子宮の口までの距離が5センチあるので今のところ大丈夫らしいです。これが2.5センチ以下なら即入院らしい…sweat01

ということでお薬が増えました。ちっちゃい薬一つ。これがすごく高いらしい。確かに4000円近くしましたsweat01それで、市ではこういう薬の費用を負担してくれるらしいので、今もらっている貧血の薬の他に切迫早産の薬も負担してもらうためにまた市役所へ行って手続きして下さい、とのこと…。また?coldsweats02

これが結構面倒なんですよね。仕事しているので、しかも隣の市で勤めているのでわざわざ自分の市の市役所に来るのってかなり遠い。でもたまたまその日は月曜日で市役所が7時までやっていることを知っていたので、病院の帰りに市役所へ。

ところが…。この手続き、はんこが必要でしたcoldsweats01

ということでまた今度この近く通った時にはんこ押しに来て下さい、と市役所のお姉さんに言われました。

近くに通るとしたら土、日の、市役所やっていない日ですcrying

仕方ないので来週の月曜、また仕事帰りに寄る事にしました。

薬一つ増えただけなのに…。面倒。しかも飲むのも面倒weep

仕方ないんですけど…。

今薬は、貧血の薬2個、貧血の薬飲んで気持ち悪くなったら飲む薬2個、頭が痛い時に飲む薬1個、便秘の薬(恥ずかしいcoldsweats01)1個、そして切迫早産を予防する薬1個になりました。

頭痛とか気持ち悪い時の薬はたまにしか飲まないけど、何だか毎日毎日薬ばっかり。

薬より、たまには美味しいものも食べたい…coldsweats01

| | コメント (4)

うんちく。

またまた暗い話題ですcoldsweats01

暗いと言うか、愚痴なんですけど…。

今日の夕飯時、たまたまテレビで主婦の知恵を紹介する番組をやっていました。

「主婦がやりたくない家事」とかいう話題だったのですが、一位がアイロンがけ、二位か三位が食事の後片付けでした。

一応主婦、とまでは言いませんがそれなりに主婦の仕事をしている私としては「まあ、そうだよね」くらいの気持ちだったのですが、舅は

「こんなもの(食事の後片付け)はいくらでもなまくら(手抜き)できるだろう。食器洗い機とかあるじゃないか!」

「アイロンがけなんか、そんな時間のかかることか?」

「家事なんてコツがあるんだよ」

と暴言の数々…。

「普段何もしていない奴が偉そうに何を言うのか!punch」と鬼嫁は思います。

「食器洗い機うんぬん言うけど、買ってくれるのか! そんなお金もないくせに!」

「家事を手伝う気もないくせに!コツがあるなら自分がそのコツを使って家事をやれ!」(嫁の心の声です)

事実舅なんて家に帰って来て酒を飲みご飯を食べ、風呂に入る、それだけしかやりません。私の旦那さまなんて私の手伝いで食器は洗って、拭いてくれるしお風呂の準備をしてくれるし、今日なんて部屋の掃除機がけまでしてくれました。(私って本当に鬼嫁coldsweats01

普段家事の一つもしない人が家事に対してうんちくを述べるなんて信じられませんannoy

だから食器を洗っている時も、旦那さまが舅のお弁当箱を私に差し出したとき

「家事についてうんちく言っている人にしてもらえば?annoy」と小声で(隣の部屋に舅と姑がいるので)言いました。

すると旦那さま、私の頭を撫でて言いました。

「お前の髪の毛はサラサラで良いな」

「…」

「話をごまかしたね」と私。

「そんなことないけど」と旦那さま。

明らかにその話題は避けたいようです。

自分たちの部屋に戻ってからも怒りの収まらない私は旦那さまに愚痴りました。

「酔っ払いはそんなもんなんだよ」と旦那さま。

「…」

多分舅はお酒を飲んでいなくてもうんちくを言う人だと思いますけど…。

旦那さまは自分がこんなに家事をやっていて、舅は家のことを畑仕事や外仕事以外は全く何もしないことに腹が立たないのかな…?sweat01

私の意見としては、この舅と姑の息子にしてはこの旦那さま、出来た息子だと思うのですが…(どこが子育てに失敗したのか?親が親として失敗しただけなのでは?と私は思うのですが…)

| | コメント (6)

育児。その2

続きです。

さらに、姑の話には「どうせ子育てするなら2人や3人まとめてしてしまえばいい。仕事を辞めて子供は2人くらい産んでそれなりに大きくなってから仕事をすればいい」という内容も。

そんなこと、勝手に決めるな!って感じです。さすがに旦那さま「経済的に無理!」と言いましたが「何とかなる!」の一点張りの姑と舅。「私たちも何とかやってきたんだから」とのこと。

いえ、全然何とかなってないと思います。少なくとも今の家の経済状態を作った舅と姑は私からすればかなり問題ありです。この状態で私が仕事を辞めて、扶養家族が増えて、って…。しかも、嫁に来て1年の私に(しかも妊婦)ここまでお金の心配をさせている舅や姑、旦那さまって最低では?私は去年自分が受けた手術費用を自分で払わされた恨み、一生忘れないと思います。

同じ思いを子供にさせたくないと思うんです。

それに二人目とか勝手に決めないで欲しい。今お腹に居るのは多分女の子です。旦那さまは男の子が欲しかったみたい。でも私は女の子が欲しかったのですごく嬉しい。でも「二人目も女の子でもいいな」と私が言ったら旦那さまは「二人目も女の子ならいらない!」との暴言。信じられません、この発言。そして許せません。「それなら二人目は産まないから!」と私は言いました。でも二人目は確かにもし恵まれるのなら欲しいです。でもこんなこと言われて黙ってられません。だって私は三女なんですよ。その私にこんな発言することだってすごく失礼です。女の子で何が悪いんでしょう?

仕事にしても。姑はあと2・3年したら景気も今よりよくなるからいくらでも仕事は見つかると言います。無責任です。私は今の会社に3年前に入りましたがその時ですら30歳以上で事務職の求人を見つけることがどんなに大変だったか…。しかも前の会社(工場)は吸収合併のあと2年で閉鎖されるという大変な目にもあっているので結構仕事では苦労してます。今の仕事に決して満足しているわけではありませんが(給料も安いし)辞めるほどの不満もありません。簡単に辞めたくはありません。

あと、自分の気持ちも問題なんですけどね。正直言って私はそんなに子供は好きではありません。でも今お腹にいる子供はすでにかわいいと思っています。

ただ、一日中ずっと子育てという状態を2・3年続けるということに自信がありません。ノイローゼになる可能性が大きいです。旦那さまはもちろん私を助けてくれるとは思います。でも限度があると思います。

反面、すごく子供を可愛がりそうな気もします。何しろ年を取ってやっと授かった赤ちゃんです。かわいいです。(まだ産まれてないのに…)去年手術をしたのだって赤ちゃんが欲しかったから。だからそれこそ過保護になりそうです。神経質になりそうです。

今、自分でもどうしたらいいのか分かりません。実際産まれてみたら可愛くて自分で育てたいと思うかもしれません。逆に育児に疲れてやっぱりノイローゼになるかもしれません。先のことまで決める自信がありません。

完全に舅や姑の意見を否定するわけでもありませんが、素直に聞くには問題もかなり多いです。

旦那さまの意見としては、とりあえず会社には4月まで産休を出して置いて、でも結論は産まれてから決める。

それで良いのかもしれません。でもその結論すら悩んでしまいます。

こんなこと、悩むのは産まれてくる赤ちゃんに申し訳ない気がします。でも今の正直な気持ちなんです。

本当に、悩みます。

| | コメント (6)

育児。

しばらく前から悩んでいたこと。

それは産休。一応今の会社に入る時も産休とかは取りたいと話はしていたので取るつもりでいました。とすると子供は保育所に…。8月の末に生まれたら早くて1月、遅くても4月には保育所に入れて、仕事はパートにしてもらって…といろいろ考えていました。

ただ、保育所は6ヶ月未満の子供を受け入れる施設が少なくて、しかも共働きの多いこの地域では競争率も激しい。しかも私の住んでいる地区には保育所がないので(幼稚園のみ)他の地区の保育所に入れるしかありません。

旦那さまとずっと討論してきて、結果、せめて4月くらいまではちゃんと子供を見て欲しい、という旦那さまの意見を受けることにして、とりあえず舅と姑に話すことに。

でもどうも旦那は報告するというより「相談する」という形をとりたかったようで、「産休をどうしようかと思うんだけど…」という言い方をしていきました。「保育所に入れる時期とかあるから…」と言うと姑は「子供は母親が見てあげればいい。保育所は入れるべきではない」とのこと。

姑の話を要約すると(話が長い人なので)「自分は長男(旦那)を産まれてすぐ姑にとりあげられて全く子育て出来なかった。(長女は自分で育てたらしい)長男の子育ては失敗した。そのことをとても後悔している。だから今度産まれる子供は母親(私)が見てあげて欲しい。仕事を辞めて、2・3年したら幼稚園に入れることにして、その後働けばいい。その時になったら私(姑)も子供をいくらでも見てあげる」ということらしい。舅も「子供は愛情を持って育ててほしいから」とかなんとか…。

正直、経済的に苦しい我が家(いつも姑が「借金がどうのこうの」と言われ、旦那さまの給料から家に10万入れるように決められています)。最近旦那さまの会社も苦しくて以前の給料の1/2くらいになってしまったのでますます私たち夫婦は苦しい状態。この状態で子供を育てるのははっきり言って無理です。私が産休を取る間の生活すら不可能に近いと私は思っています。ところが姑も舅も「そんなもの、何とでもなるから」と一言。

「何とかなる」=「何とかしろ」ってことですよね。

だって結局舅や姑が次から次へと生み出す借金は私たち夫婦にまわって来るだけです。それでなくても何の相談もなしに家のことを決めていく舅と姑に不満な私。だってお金の問題なら私たちにも相談するべきだと思うんです。そのつけは必ず私たちにまわされるんですから…。

「何とかなる」という言葉を鵜呑みにする旦那さま。「愛情を持って育てて欲しいから」という綺麗ごとにすっかり旦那さまも騙されています。

でも、私は納得できないんです。もちろん愛情を持って育てる、って思ってます。でもそれって2、3歳までの話ではないでしょう?一生の話ですよね。産まれて2、3年の間だけ見ることが果たして愛情?その後だって大事でしょう?それにその後なら見てあげる、っていうのはつまり舅や姑が定年になって暇になったら(子供もそれなりに大きくなって扱いやすくなってから)見てあげる、ってかなり自分勝手な話ですよね。息子の子育てに失敗したって言うけれど、別に旦那さま自身に問題があるわけではなく、自分が見れなかった(自分の思うように出来なかった)ことを後悔しているというだけで、それって私と子供の問題には全く関係のない話ですよね。自分が出来なかったからそれをさせてあげる、って正直恩着せがましいと思ってしまいます。(やっぱり鬼嫁?)

ちょっと長い話なので、2回に分けますね。続く。

| | コメント (0)

新たに…。

発見されてしまいました…crying

それは「虫歯」。

先月、歯の詰め物が取れたので歯医者さんへ。無事治療してもらったのですがその時に虫歯を一つ指摘され治療することに。

昨日2度目の治療を終えて、やっと普通に食事が出来る、と思っていたら「反対側の歯にも虫歯がありますね」と先生の一言…shock

またまた歯医者通いです。

さすがに2個も虫歯があったってショックsweat01確かに普段からすご~く甘いもの好きでたくさんおやつ食べてましたけど…。

大好きなキャラメルやチョコはまたしばらくお預けですweep

| | コメント (8)

頑張りました。

一体何を頑張ったのか?

それは「おくるみ」の作製なのですcoldsweats01

先月布を買って来て、GWに仕上げよう、なんてとんでもない計画を立てましたが不器用な私にはなかなか大変な宿題でしたcryingでもせっかくミシンも買ったことですし…。

3日前に布の裁断だけしておいたのですが、よく考えるとこの作品は縫い代が必要ないことに気が付き結局もう一度裁断し直しcrying

おまけにバイアステープって結構(かなり?)面倒なんですよね。片方を縫い付けてまた片方を縫う、しかも縫う前にしつけ糸で仮縫いしなくてはいけないので結局手縫い2回にミシン2回することに…crying

おまけにだんだん布は厚くなっていくので扱いにくいし、角の丸みも難しいし…sweat02

午前中2時間、昼間2時間、夜3時間かかってほぼ一日かかりましたが何とか出来上がりましたfuji

こんなに頑張ったのは先日の試験以来かな…。

まあ、仕上がりに関しては…こんなものでしょう。

P42714291 P42714351

P42714311

写真が一応作品です。縫い目が見えなくて良かった…sweat01

「ママ、頑張るからね」とお腹に言い聞かせて頑張りました。

赤ちゃんが気に入ってくれるといいなclover

| | コメント (2)

動物園。

またまた動物園に行ってきましたhappy01
今度はいしかわ動物園です。ちょっと遠いのでこんな連休くらいしか行けないかな、と思って(距離的には全然大丈夫なんですけど)行ってきました。
でもさすが連休。込んでますcoldsweats0110時半くらいに着いた時にはすでに一番近い駐車場が一杯で上の遠いところに回されました。でも近道の歩道がちゃんと付いていたので助かりました。
P42613641 P42613711

P42613731

この動物園は2年ぶりくらいかな…この動物園の良いところは割と動物と動物の間隔が狭いのであまり歩かなくてもすぐにいろんな動物に出会えることです。あとゾウとかカバさん、ワラビーちゃんがいるのも嬉しいですhappy01
P42613781 P42613841

P42613951

今回可愛かったのはプレーリードッグくんかな…lovelyうさぎとふれあう、っていうのもありましたが子供がすごい行列になって並んでいたので諦めました。いい大人が…ちょっと並びにくかったですcoldsweats01
P42614091 P42614241

P42614101

でもハムスターはちょっと触ってきましたよ。こちらも可愛かったです。

その後近くで行われていた九谷茶碗祭りに行って来ました。
こちらも人が一杯coldsweats01
茶碗も一杯…。
最初は目移りしてあれもいいな、これも…って見ていましたが、たくさん見ているとどれも一緒のような気がしてすごく迷いましたshock
本当は母の日用に花瓶とか湯飲みを探していたのですがもともと九谷焼って豪華な絵柄が多くて私の好みとはちょっと違うので、結局自分たち用のコップと実家の父用にぐい飲みを買いました[m:59]あまり九谷焼らしくない柄ですけど気に入ったのでまあ良いかな?もうすぐ結婚1周年なのでペアのコップで記念にお祝いしようかなbar
連休の初日にいろいろ行って疲れましたが楽しかったです。

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »